日本生態学会「キャリア支援フォーラム」を開催いたしました

一般社団法人日本生態学会全国大会 キャリア相談室を運営

3月15日から19日にかけて、神戸国際会議場・神戸国際展示場にて一般社団法人日本生態学会全国大会が開催されました。日本生態学会は生態学およびその関連分野に関わる研究を推進するため,研究者を始め関連する職業や学生の方々を会員として,1953年に設立され、現在、約3900人の会員が入会されており,研究活動だけでなく,生態学に関連した社会的アウトリーチにも力をいれています。毎年開催される全国大会では、会員の研究発表や基調講演など各種イベントが行われ、Sus-Proでは学生会員に対するキャリア支援に協力しています。

今年も大会期間中の16日に、行政や建設コンサルタントの企業の方々と共に、訪れた学生のキャリア相談を実施いたしました。
主な参加者は就活対象年度の修士、博士課程の学生が中心でしたが、就活対象年度ではないけれども将来のキャリアを考えたいという学部生も多く訪れ、熱心に配布資料に目を通したり、社会人の話に耳を傾けていました。

今年の傾向として、フィールドでの調査活動をそのまま仕事にしたい、という学生は例年通り一定数いた一方で、生態学というフィールドに限定せず、これまでの研究で培った自分の力を活かせる企業や職種を幅広く見ていきたい、という広い視野と柔軟な思考を持った修士、博士の相談者が目立ちました。


Sus-Proはこれからも様々な団体と連携しながら、次世代を担う「サステイナビリティ人材」の育成・支援に取り組んでいきます。