横浜国立大学にて「エコリク出張セミナー」を開催いたしました

横浜国立大学「エコリク出張セミナー」

12月13日に横浜国立大学の氏川教授ご協力のもと、経済学部の学生を対象に、エコリク出張セミナーを開催いたしました。当日は廃棄物処理事業を中心に総合環境事業を展開する株式会社タケエイと共同でSDGs、環境ビジネス、廃棄物処理業界についてお話ししました。
参加者の中には自治体や地元企業と連携したSDGsへの取り組みに関する研究を行う学生もいたようで、SDGsや環境ビジネスが環境学部や理系学部だけに留まらず、裾野の広がりを感じました。

プログラム

  • 第一部:Sus-Pro事務局(渡邉) 「SDGsと環境ビジネス」
  • 第二部:株式会社タケエイ 人事総務部 (髙木・吉田)「廃棄物処理ビジネスの実態」

参加学生の声 第一部

  • SDGsの重要性や将来の就職先選択等、興味深い内容で理解することができた。
  • SDGsや環境ビジネスを考える良いきっかけとなった。
  • SDGsを現在ゼミで主に扱っているので参考にしたい。
  • ビジネスの大きさを具体的な数字で示してくれたので分かり易かった。
  • 歴史と内容の説明が非常に分かり易かった。
  • ESG投資を呼び込むためにSDGsを守ることが目的となっている現在の業界では本来の目的であるSDGsが金融商品化しないか心配になった。

参加学生の声 第二部

  • 実際の廃棄物産業の話を聞くのは初めてだったので新しい発見だった。
  • 廃棄物ビジネスの展開、特に東北地方での活動に関して興味深かった。
  • 市場規模が想像以上に大きかったのでより興味がわいた。
  • 実際に環境ソリューションをメイン事業とする会社のお話だったので参考になった。
  • 廃棄物の処理には様々な歴史があり、なるべく再利用しようという姿勢が問われていることを知ることができました。

Sus-Proでは、大学での出張セミナーのご依頼を随時受け付けております。ご興味のある大学教員の方、就職支援担当の方はお気軽にご相談ください。