-分科会活動紹介-
SDGsキャリア教育分科会大学出張講義【オンライン】
目白大学「社会学説史」にてSus-Proが講師を派遣しました。

11月9日に目白大学の飛田先生(社会学部 地域社会学科 教授・学部長)ご依頼のもと、社会学説史の授業においてSus-Pro事務局長の渡邉が外部講師としてオンラインで講義をいたしました。気候変動やコロナで大きく変わった世界におけるこれからのキャリアや就職活動の考え方、SDGsと環境ビジネスの関わりについてお話ししました。

目白大学(目白学園)は、教育研究や社会貢献活動をSDGsにひもづけながら、SDGsをてこにした教育改革や大学活性化プランを推し進め、全学的なサスティナブルキャンパス構築の取り組みや持続可能な社会づくりの担い手を育てる教育に取り組んでいます。  https://www2.mejiro.ac.jp/sdgs/

 

オンラインにて実施。一年生が中心で約70名が参加

 

参加学生の声

  • 今回学んだ環境ビジネスやSDGsなどの観点などを参考に、多角的な視点から物事を考え柔軟に対応しながら自分の打ち込めること、関心を持てることをもとに、積極的に取り組んで自らが社会で活躍ができるようになっていきたいと感じさせてくれる講義でした。
  • SDGsの大切さというものを今回の授業で初めて知る事が出来ました。正直、これはどこで使うんだと思っていましたが、一般企業でも気をつけているんだなと感じました。
  • 過去のことから得ることもたくさんあるけれど、未来を考えていくこともとても大切なことだと感じました。SDGsをヒントとして捉え、将来を考えていくことを一つの手段としてこれからの大学生活を送っていきたいと思いました。
  • 仕事は人生の色んなものを費やすので時間や捉え方をプラスに考え、やりがいのあるものをちゃんと選択した方がいいと教えていただいたので、1年生のうちにこれから本格的に将来の職業について調べていきたいと思いました。

Sus-Proでは、大学での出張セミナー(オンライン)のご依頼を随時受け付けております。就活年度に限らず1、2年生を対象とした講義も可能です。
ご興味のある大学教員の方、就職支援担当の方はお気軽にご相談ください。